INTERVIEW

社員紹介

社員紹介

正しく情報を届け、知ってもらい、選択肢の一つにサーチライフを追加してもらいたい

白岡 理奈

東京本社

広報

入社のきっかけと現在の業務内容

変化のスピードが早いインターネット広告業界で、「教える側」にいるということは、前を走っているということ

前職で別業種の広報経験を活かして、広報職に絞って転職先を探していた際に、知人からサーチライフをご紹介いただいたことがきっかけでした。サーチライフの運営している『ジッセン!』の説明を聞き、変化が早いイメージのある業界の中で「教える側」にいる会社だと知り、一歩先にいるというところに惹かれて入社を決めました。

最初は『ジッセン!』のマーケティング広報として配属されましたが、元々サーチライフに広報部門がなかったこともあり、徐々に会社全体に関わる広報業務が増えていきました。会社からの要望と、私自身の希望もあり、今は正式に企業広報として動いています。

普段はプレスリリース配信や取材対応、会社案内やノベルティなどの制作、イベント出展の運営や、コーポレートサイト・SNS 運用などといった業務を主に行っています。

仕事のやりがいと、印象的だった仕事

広報活動を通じてのお問い合わせ増加や、周囲からの反響が見えるとやりがいを感じます

企業広報業務での成果はなかなか見えづらく、他の業種のように売上に直結することはあまり多くありませんが、影響力は大きく、やり方次第で広い範囲にアピールできる仕事です。

実際に、広報活動を通じてお問い合わせが増えたり、アクセス数が増えたり、「最近サーチライフよく見るね」と周りから言われるなど、着実に反響が出ていることが実感できたときにやりがいを感じます。

また、印象的だったのは企業広報をやり始めて最初に取り組んだ、コーポレートメッセージとそれに紐づくコンテンツの更新でした。

入社してまだ1 年経たない頃でしたが、最初に何をするべきかと考えたときに、「まず社内から」と、山中社長や部長陣と共にコーポレートメッセージの整理を行い、会社案内、コーポレートサイトリニューアルなど、会社のプロフィールとなるものを約半年強かけて作りました。

社員の皆さんにご協力いただけたおかげで、サーチライフがどんな会社なのか、より伝わりやすくなったんじゃないかなと思っています。

これからの目標

私たちの未来のお客様に正しい情報を届けて、サーチライフのことを知ってもらいたい

サーチライフの事業は、自分たちが表立つものではなく、黒子的なものがほとんどです。また、大企業でも中小・ベンチャー企業でも、デジタルマーケティングに力を入れたい、入れなければと考えている企業は非常に多いです。そういった、私たちがサポートできる分野において困っている人や企業に正しく情報を届け、知ってもらい、選択肢の一つにサーチライフを追加してもらうことが広報の目的だと思っています。

今後は、サービスの内容や技術、事例などといったコンテンツも増やしていきたいですが、働いている人たちもインパクトがある個性的な人が多いので、社内人材を含めてPR していきたいです。

また、個人的に、沖縄にフォーカスして何かできないかと考えています。