INTERVIEW

社員紹介

社員紹介

代理店様を通して、より多くの企業を支援したい

井内 汐梨

東京本社

代理店支援本部サービスデリバリー部 ディレクター

入社のきっかけと現在の業務内容

代理店様を通してその先にいる多くの広告主様を支援することで、地方に貢献したい

新卒でソウルドアウト社に入社しました。家族が地元北海道でこども園を経営しており、採用や資金調達など、経営者一人で抱えている仕事がただでさえ多い中、手探りで地方での集客に奔走している姿をずっと見てきたので、同じように苦労する日本全国の中小・ベンチャー企業の経営者をマーケティングの面で支援したいと思ったのがきっかけです。ソウルドアウトに入社後、グループ会社のサーチライフを知りました。サーチライフの仕事は全国の広告代理店を支援する仕事と聞き、ソウルドアウトで直接広告主様の支援をするより、代理店様を通してより多くの広告主様を支援した方が地方への貢献度が高いと思い、サーチライフへの配属を希望しました。

現在は、ディレクターとして地方代理店のインターネット広告運用をしています。

仕事のやりがいと、印象的だった仕事

預けてくださる予算は信頼の証。1円の大切さを実感した

突然の運用停止連絡を受けたことがありました。3月の不動産広告、繁忙期です。運用内容に不満があったのかなど、一瞬不安が頭をよぎりましたが、理由を聞くと「広告のお陰で物件が完売したから」という嬉しい内容でした。広告の成果が出てお客様に感謝されたときは、やはりやりがいを感じます。

また、強く印象に残っている仕事があります。

社内で何とか予算を調整しやっと配信に踏み切ったECサイトで、「成果が良いので予算を4倍に増額したい」というご相談をいただきました。お客様が増額に踏み切った理由を考えると、1円たりとも無駄にせず効果的な配信をしたいという気持ちはますます強くなりました。4倍の増額で、4倍以上の成果を期待され、信頼して預けてくださっていると思うと気が引き締まり、以降の業務に対する意識も変化しました。

これからの目標 or 今後挑戦したいこと

「社内のインターネット広告運用チーム」と言われるくらい近い立場で代理店様に寄り添いたい

代理店様の課題は運用のリソース不足だけではありません。そもそもインターネット広告の提案の仕方が分からなかったり、提案できるような知識のある人材が社内にいなかったりと、その課題は様々です。今は運用代行をメインに支援させていただいておりますが、今後は運用代行だけではなく社内人材の教育など、代理店様の幅広い課題を一緒に解決できるようになりたいです。

社内にインターネット広告運用チームがない代理店様も中にはいらっしゃいます。そこにサーチライフが近い立場で寄り添い、代理店様がYahoo! JAPANやGoogleの公式代理店に認定され、その地域の広告主様に頼りにされるような存在になれることを目標にしています。