INTERVIEW

社員紹介

社員紹介

サーチライフの運用ノウハウで、地方創生に貢献したい

亘理 直輝

東京本社

代理店支援本部 営業部

入社のきっかけと現在の業務内容

「広告主支援」から「代理店支援」という新天地での挑戦

もともとは新卒でグループ会社のソウルドアウトで入社し広告主様の営業業務・運用業務に従事しておりましたが、出向という形でサーチライフ所属となりました。現在は新規営業経験、運用経験を活かし運用代行事業を中心に、代理店様のインターネット広告事業支援を行っております。

代理店様は運用型広告の取り扱いに関して、様々な課題をお持ちです。

具体的には「既にインターネット広告を運用しており、コア業務(顧客の成果に改善する為の業務)に集中する為のリソース確保をしたい」、「インターネット以外の媒体を中心に売ってきたが、インターネット広告のニーズの高まりを受けて仕入れ・新規営業を強化したい」、「採用した人材をインターネット広告に強くするための教育を行っていきたい」など多岐にわたります。

そのような幅広い課題に対し、運用代行・教育サービスなどをコンサルティング提案していくのが主な業務です。

仕事でのやりがい

代理店様のインターネット広告事業成長を間近で見ることができる仕事

仕事のやりがいに感じることは、やはり代理店様のインターネット広告取扱高が上がっていくのが体感できることです。サーチライフでは教育から運用代行までワンストップで提案することができる為、代理店様の成長状況が目に見えてわかります。

インターネット広告事業の新規立ち上げ・提案支援が私自身の強みでもあるため、週次で半常駐のような形で営業部門との定例会を行い、案件相談や代理店様の組織体制に関するブレストなどの支援をしています。

この支援の成果がサーチライフへの発注額として、目に見える形で返ってくるときに達成感を感じます。

また、営業チーム内の風通しもよく、ニーズの多い商材のプロダクト化、媒体社様などとの座組の設計なども営業発信で積極的に社内に提案していくこともできます。このような主体的な働き方ができるのも大きなやりがいの一つです。

これからの目標

グループの信念でもある「地方創成」を、「地場の力」で盛り上げたい

インターネット広告の浸透率は年々上昇しておりますが、やはり東京が中心です。

一方で、地方の広告主様は地場の代理店様との結びつきが強く、東京のノウハウが伝わりづらいという市場状況があります。そのような状況下において地場で力を持つ代理店様の広告主様のグリップ、インターネット以外の広告ソリューションとサーチライフの広告運用のノウハウで、ソウルドアウトグループ悲願である地方創成に貢献できればと思っております。