ABOUT

サーチライフについて

GREETINGS

代表挨拶

困っている企業の皆様に、手を差し伸べられる存在であり続けるために

私がサーチライフを起業した背景には、いくつかの体験と、そこから生まれた思いがあります。

私の父は、時計の部品を作る小さな地方企業を経営しておりました。父が25年前に他界した後、経営に不慣れな母が詐欺に遭ってしまい、会社も実家も社員の仕事も失い、大きな借金だけが残りました。

相談できる行政の支援や企業との協業もあったはずなのですが、それらを活用する知識を持ち合わせず、情報を得る手段も少なく、小さな企業でも親身になってくれる「頼れるパートナー」の重要性を強く感じました。

その頃の私は東京で広告代理店に勤務しており、広告撮影のために頻繁に沖縄に行く機会があり、地元の方々からお話を伺う機会が何度かありました。そこで、当時の沖縄の有効求人倍率は決して高くなく、選べる仕事が限定的であり、多くの若年者が他県へと就職に出ていくという状況を目の当たりにしました。

こういった経験を踏まえ、私はいつしか、地方中小企業を含むあらゆる企業のために支援でき、そして大好きな沖縄でも何か仕事ができないものかと考え始めました。

当時はインターネット黎明期でした。ですがこの頃には、インターネットの可能性、将来性を感じており、この業界で働くことがいつかその思いにつながるのではと、一念発起して転職をしました。その後、約10年間の経験を重ね、2009年にこのサーチライフを立ち上げることとなったのです。

立ち上げから10年目となる現在、「継続的にビジネスで結果を出し続けるためにインターネット広告を活用したい」、そう考える企業は決して少なくありません。

しかし、インターネット広告を扱うには、最低限の知識と労力、そして常に新しい情報と、経験を積み重ねたノウハウが必要です。これらは人と組織に大変な負荷がかかることであり、多くの企業が抱える課題でもあります。

当社は、インターネット広告運用代行、そして教育支援事業を通して、これらを解決するための支援をし続けています。

創業20年目を迎えるとき、30年目を迎えるときも、皆様と共に歩めるパートナーであるために、事業に一層磨きをかけ、あらゆる企業のビジネスチャンスの創出に貢献できるよう努めてまいります。

引き続きこれまでと変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長 山中仁史

PROFILE

経歴

1989年
日本大学芸術学部卒業、数社の広告代理店での営業職を経験。
1998年
株式会社エキサイト入社、広告営業マネージャー就任。
2001年
マイクロソフト株式会社 MSN事業部入社。広告営業シニアマネージャー、ビジネスデベロップメントシニアマネージャーを兼任し、オーバーチュア(現Yahoo! JAPAN)との事業提携に着手。
2003年
オーバーチュア株式会社入社。営業部アソシエイトダイレクターに就任し、入社以降3年間で売上5,000%以上にまで拡大する功績を残す。
2007年
株式会社オプト入社。広告代理店カンパニープレジデントに就任し、オプトの主事業であるSEMを中心に広告代理事業を統括。
2009年
株式会社サーチライフ設立。代表取締役に就任、現在に至る。